Trafficsim

CASE 開発事例/ソリューションズ

株式会社TBSテレビ様 多点同録システム

製品導入事例

株式会社TBSテレビ様 多点同録システム

株式会社TBSテレビ様

導入の経緯

■マルチシンクロビューアー
各ポイント(BASEBAND、ENC OUT、マスターOUT1、AIRなど)
各信号(BASEBAND、ENC OUT、マスターOUT1、AIRなど)
で同録したソースを全て同期して(遅延調整可能)再生することができ、
コマ送りやコマ戻しでの「フィールド単位での確認」や「フレーム単位での確認」が可能です。
例えば、システム系統上のSDI→TS→AIRのソースをすぐに一括で確認することが可能です。

■統合監視システム
トラフィックシムのアラーム監視システム。専用のGUIを提供し、アラーム監視のみならず、ログや同録サーバのサムネイル表示、弊社ソフトウェアやWebAPIでのクリックした際の動作付加などを行います。
ログの状態を再生アプリ側に提供することも可能です。
例えば、アラームが発生したインジケータやサムネイルをクリックすると監視解析アプリや再生プレイヤが起動します。

元々弊社のマルチシンクロビューアをご使用頂いていた事もあり、操作性は気に入って頂けておりました。
ただ使用する中で
①マルチシンクロビューアの際、ポイントが多いので画面が小さいのが改善できれば。
②20ポイント以上を使用するので、各同録ポイントへのアクセスなどを円滑に行いたい。
③システムA,B,Cが動的に現用・予備などに変化するので、そのあたりをわかりやすく表示したい。
④マスター内で気になるポイントなどを共有できるようにメモなどを残したい。

課題解決の取り組み

①画面が小さい問題
 

→同一PCから2個の4Kモニタに出力することにより解決


20ポイント以上を使用するので各同録ポイントへのアクセスなどを円滑に行いたい。
→集約監視サーバを導入・構築し専用のWebUIを提供。系統枚の全ての情報集約を実現。


③システム
A,B,Cが動的に現用・予備などに変化するので、そのあたりをわかりやすく表示したい。


→SYSの表示を動的に変化する表示を搭載。
さらに、過去再生時に過去のSYS状態を表示する機能も実装。
また、SYSCHG履歴表示機能を合わせて追加。

④マスター内で気になるポイントなどを共有できるようにメモなどを残したい。


→ログのメモ機能や、監視卓ですぐに音声メモが残せるようにボイスロギングボックスを開発。
 

 

今後の展望

AIの活用など。

システム構成図

この事例に関するソリューション・製品

企業情報

株式会社TBSテレビ様

その他の開発事例/ソリューションズ

CONTACT ご相談・お問い合わせ

システム・ネットワーク・ソフト・ハードの
設計・構築・運用でお悩みの方は、まずご相談を!