Trafficsim

CASE 開発事例/ソリューションズ

在庫管理システム

システム開発事例

在庫管理システム

課題・悩み ・発注品の管理、納品ステータスの確認
・製品の部品管理
・納品物の管理
・納品後のアフターサポート
・社内利用品の管理
・資産の管理
・プロジェクトの受注、納品、請求、入金ステータスの管理

物品の情報が瞬時に分かる

仕入れた物にQRコードが印字された “物品IDシール” を貼り付け、IDで管理を行います。

物品IDには、これが何と言うメーカーの、何という商品で、型番は何で、シリアル番号は何と言った個別の物品情報。何月何日に、誰が、どこの仕入先で、いくらで、いくつ購入したのかといった購買情報。さらに、何処のお客様の、何のプロジェクトの、何処にあるサーバーの中の部品で、いつ、だれが組立して、いつ出荷したのか等の出庫・組立情報。故障などで部品交換を行っていた場合、その履歴情報が含まれており、仕入れ、組立、出荷、アフターサポートまで社内で物品の管理を担っています。

これらの情報は、在庫管理システムWeb画面にスマートフォンでアクセスして、カメラで物品IDを読み取る事で瞬時に把握可能となっております。

棚卸作業の効率化

シリアル単位で管理を行っていると、在庫品の棚卸は数量ではなく、シリアル単位で一致確認を行う必要があり、QRコードのシールが付いているとは言え、全てハンディQRリーダーで読み取るのは非常に効率が悪くなります。

そこで、在庫品には、近年物流やアパレル業界で採用されているRFIDタグを取り付ける事で、RFIDリーダーによって電波を照射する事で複数枚まとめて読み取る事ができるようになる工夫をしております。

発注品が届いたか分からない問題の解決に

発注したタイミングで在庫管理システムに登録しておき、まだ届いていない物をリスト化する事で、発注から日が経っても納品されていないものが自動的に抽出されるようになります。

一定期間届いていない場合は社内コミュニケーションツールのSlackへ通知を行い、先方に確認するようにシステムから促し、配送トラブルなどにあった場合に気づく事が出来るようになります。

CONTACT ご相談・お問い合わせ

システム・ネットワーク・ソフト・ハードの
設計・構築・運用でお悩みの方は、まずご相談を!