事業者向けTS法定同録システム・監視システム・放送機器

TTLバックアップソリューション特長

TTL-Backup-solution

  • BCPソリューションとして
  • 中継局に設置し、TTLのバックアップ機器としての使用
  • REMUXを行わないタイプの復調器のためTTLのバックアップとしての使用が可能
  • オプションのクロック生成装置にてTSから同期クロック生成可能(開発中)

システム概要

TTL(Transmitter to Transmitter Link)では中継局から中継局まで放送TSを伝送するのにマイクロウェーブを用いる方法がよく用いられていますが、トラフィック・シムではDMB-2-ISDBTを利用したバックアップソリューションです。

送信側が通常通りに出す放送波をアンテナで受けDMB-2-ISDBTで復調した放送TSをそのまま再送信する変調器に入力するシステムです。

これが実現できるのはDMB-2-ISDBTの”直接放送TSを出力できる”という特長によります。通常、放送波を受信し復調して取り出されたTSには、階層情報やIIPが含まれておらず、そのままでは変調器に入力可能な放送TSとして利用することができません。そこで、放送TS出力可能な一部の復調器では、復調したTSをREMUXして放送TSを再生成する方法がとられています。しかし、このような復調器をTTLでの再送信用に用いるには、本質的な危険性があります。元々放送波で伝送されるTSは、放送局内に設置されたMUX装置にて、各パケットの周期や映像・音声の表示タイミングなど、綿密な設定で合成されたものです。ところが、内部でREMUXするタイプの復調器を用いることは、この綿密な設定で合成されたTSを独自に再合成することを意味し、放送局で合成されたせっかくの高品質なTSをそのままの形で保つことができません。

DMB-2-ISDBTでは独自の方法により受信したTSにTMCCを直接追加することで、オリジナルの放送TSをほとんどそのまま再現することが可能です。このため、一般的なREMUXを行う復調器と比較して、オリジナルの品質を維持したままの再送信が可能となります。また、再送信ポイントでは、GPSなどから得られた高精度な基準クロックに同期させる形で変調出しますが、この変調器に入力する放送TSも高精度な基準クロックに同期させる必要があります。

DMB-2-ISDBTが出力する放送TSは、入力である放送波に含まれるTSのデータレートを維持したものになります。放送波に含まれるTSのデータレートは、放送局の基準クロックに同期していることから、間接的にDMB-2-ISDBTが出力する放送TSも放送局内の基準クロックに同期していることになります。よって、再送信ポイントでの変調クロックとDMB-2-ISDBTが出力する放送TSのデータレートは、疑似的に同期していると考える事ができ、長期の安定再送信が可能になります。

TTLバックアップ用途にTrafficsimのDMB-2-ISDBTを
使用するメリット

DMB-2-ISDBT

■安価に導入が可能

■ファンレス・耐用10年のユニット設計

■LAN PORT搭載。ネットワーク環境があれば遠隔からのヘルスチェックが可能。

■1Uハーフサイズで現場への搬入が簡単

 

ブラジルではすでにTTLバックアップ用途として本機を使用・運用されております。

BrazilUSAJapan