事業者向けTS法定同録システム・監視システム・放送機器

障害多発ポイントに弊社製品TORUBE(多様な入力に対応した同録/ループレコーディング可能なユニット)を設置して、後からネットワーク経由で解析することが可能です。

Together

HACOBEライセンス版(型番TSA-1100LQ)から加わったTogetherは、

HACOBE2と同一ネットワーク内にある弊社同録サーバ内のTSデータを解析可能です。

t_s

複数の機器を登録し、切り替えて解析が可能!

t_2
together_g

■Together画面

IPアドレス、名称、TSレートを設定しておけばいつでも切り替えOK!ネットワーク上のサーバ内のTSデータを解析・出力。更に変調オプションがあれば変調出力も可能になります。

Together対象機器

t_taisho

Together活用例

t_1

■障害多発場所にTORUBEを設置して

HACOBEをご購入されたお客様の中には、障害多発場所にHACOBEを設置されるお客様も多くおみえでした。そうなると、可搬型であるメリットを活かせなくなってしまします。
そこで、障害多発場所にTORUBEを設置して常時収録を行い必要なタイミングで、”Together”して解析してみてはいかがでしょうか?

t_2

■法定同録との組み合わせで・・・

これまで弊社法定同録で収録しているTSデータを解析するには、TSファイルでの出力もしくは、TSストリーミング出力による外部機器の接続が必要でした。これからは、HACOBE2を法定同録と同じネットワークにつなぐだけで、簡単に解析が可能です。
更に、

変調オプションがあれば、3ケ月前のデータを簡単に変調可能!字幕ロギングオプションがあれば、どのタイミングの字幕でも解析可能!
BrazilUSAJapan