事業者向けTS法定同録システム・監視システム・放送機器

HACOBE2では、セクション変化履歴を直近約3日前まで(条件により変動)保存可能です。「セクション変化を確認する=再解析」ではなく、条件指定をして検索するだけで、目的のセクションを確認可能です。
EIT(番組表情報)は3時間毎に異なるtable_idとsection_numberの組み合わせで運ばれてきます。
HACOBEでは、時刻指定とtable_idとsection_numberの指定で目的のデータを探すことが可能です。

例えば、番組情報を送るEITパケットで、
ある時間帯の番組内容を間違えた場合には・・・

番組内容は3時間毎に異なるtable_idとsection_numberの組み合わせで運ばれてきます。HACOBE2では、時刻指定とtable_idとsection_numberの指定で目的のデータを探すことが可能です。

eit_1

■PIDツリー画面

EITを選択をし、セクション解析ボタンを押下します。

eit_2

■セクション解析(検索条件設定画面)

検索範囲(開始日時)にて時刻指定と
table_idとsection_numberを指定します。

eit_3

■検索結果画面(履歴一覧画面)

該当の履歴が一覧表示されます。
決定ボタンを押すことで、詳細確認が可能です。

目的のセクションを見つけたら、
ヘルプ表示で確認と、解析結果をHTML形式でレポート出力を!

■ヘルプ画面

help

section

■セクション画面

ここでMENUボタンを押して「レポート出力」を選択!

report

■レポートボタンからHTML出力可能

USBメモリ等に出力可能!解析結果に関しては、CSV形式で出力されたものを成型する必要もなく、視覚的にも把握しやすいHTMLでの出力が可能です。

BrazilUSAJapan