事業者向けTS法定同録システム・監視システム・放送機器

はじめに

HACOBEシリーズ写真

”HACOBE(ハコベ)”の名称で皆様に親しまれている弊社製品。
正式名称は”ポータブルTSレコーディングアナライザHACOBE”と少し長いですが、その名の通り「可搬型」で「TS」の「レコーディング」と「解析」ができる製品です。TSの入力だけではなく、RF/IFの入力にも対応しているHACOBEは、2009年の国内展示会で登場以来、日本国内にとどまらず、多くのお客様にご利用頂いております。東北放送株式会社殿と共同開発をした初代HACOBE(TSA-1000P/PQ)リリース後、ライセンス版を経て、現在のHACOBE2が完成いたしました。
HACOBE2は各種放送波の疑似変調出力、IPの入出力や監視にも対応し、さらにお手持ちのPCからの遠隔操作も可能になりました。
そして兄弟製品として「ラックマウント型」の ”HACOBE9(ハコベナイン)”が登場です。弛まず進化するHACOBEシリーズ、ぜひお手元に。

HACOBEのメリット

HACOBEのメリットは何と言っても1つの筐体にまとめられること。これが最大のメリットです。
これまでは、デジタル放送の受信確認、障害発生時の切り分け作業時には、
各分野の専用機器を準備し、現場に持ち込む必要がありました。

1つにまとめられたHACOBEを持ち込むことによって、準備時間の短縮が可能になり、
空いた時間を他の業務に活用することが可能です。

また、遠隔操作機能を使用することにより、現場は若手社員、専門技術者はオフィスにいながら
リモートでの現地サポートを行うことも可能です。
現場の若手社員は、リモートで操作される画面を見て覚え、専門技術者は移動時間をロスすることなく、様々な業務にあたることが可能です。
merit_1

merit_3

HACOBEベースユニットについて

HACOBEシリーズは、ベースユニットに必要な機能を追加して、お客様の目的にあったユニットとして活躍します。ベースユニットは「可搬型」か「ラックマウント型」の2種類からの選択になります。

筐体

筐体写真

共通機能
tskaiseki_b ■ TS解析
入力されたTSのパケット解析/セクション解析/パケット周期/table_id表示/PCRジッタ/PTSグラフ表示が可能です。
together ■ Together
HACOBEと同一ネットワーク内にある弊社同録ユニット内のTSデータをHACOBEで解析することが可能です。複数の同録ユニットを簡単に切り替え可能です。
enkaku_b ■ 遠隔操作
お手持ちのPCからネットワーク経由での遠隔操作が可能です。
eizo_b ■ 映像・音声デコード
ノンスクラブルTS入力時には、映像・音声のデコードが可能です。もちろんサービス切り替え、映像・音声の切り替えにも対応しています。※音声確認はHACOBEのみとなります。
gaibu_b ■ 外部入力解析
ネットワーク経由でHACOBEの共有フォルダにTSデータを置くことでTSの解析が可能です。※HACOBE2では、TSファイルをUSBメモリ/USB接続型HDD(パスワード機能無し)経由で解析可能です。
ベース仕様
HACOBE2 HACOBE9
入力 TS入力 DVB-ASI×2(解析は選択式)
最小100kbps / 最大215Mbps ※入力ビットレートにより一部機能が制限されます
DVB-ASI×1(解析は選択式)
最小100kbps / 最大215Mbps ※入力ビットレートにより一部機能が制限されます
出力 TS出力 DVB-ASI×2
対応フォーマット 188/204バイト MPEG-2 TS192/208バイト TTS(タイムスタンプ付 可変レートTS)
解析/デコード可能な放送 ISDB-T 地デジ 12セグ /ワンセグ , ISDB-S BS / 110°CS , 124°/128°CS
IPTV TS , ISDB-Tb
デコーダ仕様 映像 >MPEG-2 Video
※MPEG-2の映像モードはARIB/STD-B21/6.2.1映像信号出力の形式に準拠
H.264AVC
音声 MP1-L1/L2/L3
MP2-L1/L2/L3(MPEG-2 BC)
AAC-LC/LTP/MAIN/SRS/HE-AAC/ALS/BSAC
LPCM-16bit/20bit/24bit
BrazilUSAJapan